YAKURI DENTAL CLINIC

ホーチミンのやくり歯科と一緒に歯周病と戦う!

ホーチミンのやくり歯科と一緒に歯周病と戦う!

歯周病は、今や成人の約80%が感染していて10代~20代の方でも約65%が罹患しているといわれています。この「歯周病」は虫歯同様、感染症で人から人へと感染をしていきます。また、「虫歯」と違って痛みがなく進行していくので気が付いた時には重症化していることも少なくはありません。現在歯周病の方もこれから可能性のある方も正しい知識を身に着けてホーチミンのやくり歯科と共に歯周病と戦いましょう。

歯周病の症状

初期の状態でもこのような症状があれば要注意です。

1.歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
2.歯ぐきから膿がでる。
3.歯ぐきが腫れたり、痛むことがある。
4.歯がグラグラと動く感じがする。
5.歯ぐきがむずがゆい感じがする。
6.口臭が気になる。

わかりやすいのは「1.歯を磨くと歯ぐきから血がでる。」歯ブラシをしたときに出血してくるようであれば、その部位が炎症を起こしている可能性が高くそのために出血してきているのでしょう。歯ブラシをよくチェックして血がついてないか確認するとわかりやすいです。

歯茎からの出血

歯磨きした時などに歯茎、歯肉から出血してくるのは歯茎が炎症状態にあるためです。健康状態の歯茎は引き締まり、弾力があり歯暮らし程度では出血はしてきません。

歯の汚れである「歯垢」や「プラーク」は食べかすの塊だと思われがちですが、歯垢、プラークの約80~90%が【細菌】の塊です。そしてこの歯垢、プラークが蓄積してくると2・3日で「歯石」と呼ばれる硬い石のような塊へ変化していきます。この細菌の塊から細菌が歯茎に進入してこないように、白血球が集まります。白血球が集まり、赤く腫れると、歯ブラシで擦ったときに歯茎から血が出るのです。

歯茎から膿がでる

歯周病がかなり進行している可能性が高いです。歯周病が進行して歯周ポケットを作り出して、そのポケット内に溜まった歯垢やプラークからの悪い細菌と白血球と戦った死骸などが膿として出てきています。歯周病の症状としては危険です。

歯茎が腫れる

健康な歯茎の特徴として

1.歯茎の色は薄いピンク色(サーモンピンク)

2.歯と歯の間の歯茎(歯間乳頭)は綺麗な三角形(ピラミッド型)をしている。

3.歯茎に小さなぷつぷつ(スティップリング)が見える。

が挙げられます。一方、歯茎が腫れていると

1.歯肉の色は赤く充血した色になります。

2.歯と歯の間の歯茎(歯間乳頭)はぷっくりと腫れ、三角形(ピラミッド型)が崩れてしまっている。

3.健康な歯茎に見えていた小さなぷつぷつ(スティップリング)は見えなくなっている。

ということです。全く腫れている時と見た目で異なることが分かりますのでよく観察してみて下さい。

歯がグラグラする

歯周病が進行すると歯を支えている骨を失うことになり、歯がグラグラとしてきます。強い炎症状態でも歯のこのような動揺が起こることがあります。歯が浮いたような感じがでることもありますのでこの状態は歯周病としては危険な状態です。

口臭が気になる

朝起きたときや空腹時、緊張時などの生理的口臭は考えられますが、歯周病による口臭が歯や舌に取り残している歯垢や歯石の中にいる細菌たちが発するガスによって口臭が発生していることがあります。

しっかり歯を磨いているのにそのような症状がある場合は、磨き残しや歯周病の進行により細菌が増えていて口臭となっている可能性があります。

歯周病の原因

歯周病には様々な要因があって歯周病を引き起こしているのは生活習慣です。しかし歯周病の直接の原因は、プラーク(歯垢)です。この歯の汚れのプラーク中には、むし歯菌や歯周病菌が、1mg中になんと1億個以上いるといわれています。この中の歯周病菌は歯磨きを怠ったり、砂糖を取りすぎたりしますと、歯周ポケット内で異常に増殖し、それらが産出する毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯槽骨をとかす歯周病へと進行していきます。
一般的に歯石が歯周病の原因と思われがちですが、歯石はプラークが石灰化して固まったものです。表面がざらざらしているのでさらにプラークがたまりやすくなります。そのためさらにプラークが乗り、悪循環を引き起こしています。歯石はうがいや歯磨きでは取れないので専門家にとってもらうしかありません。そうなる前にまず歯磨きでプラークをきれいに取り除くことが大切です。

つづく

The following two tabs change content below.

有賀 智哉

愛知学院大学歯学部 卒業 USC 南カルフォルニア大学歯学部客員研究員      一般歯科から小児矯正歯科、インプラントと様々なお悩みをお気軽にご相談ください。