YAKURI DENTAL CLINIC

生えてきたばかりの歯は虫歯になる危険がいっぱい!

6歳前後になると大人の歯が生えてきます。初めに生えてくる可能性が高いのが6歳臼歯と呼ばれる乳歯の一番後ろに生えてくる歯です。この生えてきたばかりの歯は虫歯に対するリスクがかなり高いのです。

ホーチミンのやくり歯科では積極的にこの6歳臼歯の予防に力を入れています。

生えたての歯が虫歯になる理由

生えたての大人の歯は専門用語では幼若永久歯と呼ばれております。この幼若永久歯は文字の通りとても幼若です。歯も、人の成長と同じで時間と共に成熟していきます。幼若永久歯は生えたあと、何年もかけて、唾液の中に含まれるカルシウムイオンを取り込んで強い結晶構造へと成熟していきます。また、幼若永久歯は成熟した永久歯よりも歯の溝がたくさんあります。そして歯の溝も深く 何年もかけて歯が噛んで使われることによって、歯の溝が少しずつすり減り、歯の溝の形が複雑だったものがシンプルな形へ変化していきます。

この幼弱な時期が汚れやすく溝へ汚れが溜まりやすく虫歯を作りやすいのです。

ホーチミンのやくり歯科の「シーラント」で虫歯予防

シーラントとは奥歯の噛み合わせの面の溝や歯の側面や裏側の溝をプラスチックで埋めてしまう処置のことで、歯垢、プラークが溜まりにくくなる為、虫歯予防の効果があります。

深い歯の溝を浅くすることで歯が磨きやすくなり、汚れが溜まりにくくなります。それだけでなく生えたばかりの幼弱な永久に対してシーラントから放出されるフッ素が効果を示し虫歯予防に大きく貢献します。

シーラントをする年齢

シーラントをする時期には歯によって異なりますが、ホーチミンのやくり歯科は特に生えたての永久歯にはお勧めします。歯の生え変わりは個人差がありますが目安までにご紹介します。

6歳臼歯 6歳前後 生えかけでも虫歯を作ることもあります。注意して観察が必要です。

4歳から5歳の乳歯にも効果的だと思います。他にも7~8歳の前歯の裏側の溝や9~12歳の生えてきたての永久群にも効果的だと思います。

注:シーラントは、必ず行わないといけない処置ではありません。あくまでも虫歯予防で行うものです。

シーラントの仕方
  1. 歯の掃除をして歯を綺麗にします。
  2. 歯の表面を意図的に脱灰させます。
  3. 空気をかけて乾燥させます。
  4. 材料を歯の溝に流し込みます。均一に流します。
  5. 光を当てて、あっという間に固まります。

ポイントを押さえればすぐに終わる処置です。

シーラントが子供の歯の虫歯を予防する理由のまとめ

生えてきたばかりの歯は溝も深く、歯も柔らかく歯茎も覆っていることもあり、虫歯のリスクが高い状態にあります。特に6歳臼歯に関してはこのシーラントを行うことで60%以上の虫歯予防効果もあります。

シーラントはあくまでも予防処置の一つの方法であり定期的なメンテナンスは必要です。

ホーチミンのやくり歯科では、3か月に1度のメンテナンスを推奨しております。

The following two tabs change content below.

有賀 智哉

愛知学院大学歯学部 卒業 USC 南カルフォルニア大学歯学部客員研究員      一般歯科から小児矯正歯科、インプラントと様々なお悩みをお気軽にご相談ください。