YAKURI DENTAL CLINIC

ホーチミンやくり歯科の美しさも強度も兼ね備えたジルコニアオールセラミックスクラウン

ジルコニアオールセラミックスクラウンとは

最近よく耳にするようになったジルコニア。現在、歯科業界で使用されているジルコニア(ZrO2)は、ダイアモンド類似石として用いられるジルコン人造ダイアモンドと同じ元素で強さと美しさを持つ素材です。欧米では白い金属とも言われ、医療を初め、家庭用セラミック工業用素材など、さまざまな分野に幅広く使われています。

金属のような強さを持ち、腐食することがなく生体親和性の高い歯冠修復材料として、歯科医療でも日本国内においては2005年に認可がおり、ジルコニアでオールセラミッククラウンの内部を作ることができるようになりました。ジルコニア単体でも広くクラウンやインレーの材料としても用いられています。




今までのオールセラミックスクラウン

今までのオールセラミックスクラウンでは、クラウンの内側に「アルミナ」というセラミック素材が、メタルボンドクラウンであれば銀やニッケルクロム等の合金が用いられていました。

強度や審美性の問題から様々な材料も作られてきました。そこで登場したのがジルコニアを用いることでした。

ジルコニアをクラウンの内冠にすることで強度面でも審美面でも強化されました。またジルコニア単体のクラウンでも十分な審美性が出せることができるようになりました。

ホーチミンのやくり歯科のジルコニアオールセラミックスクラウンの審美性

金属の修復物とは違い金属色が出ることなく白い材料のため審美性にも優れております。またジルコニアオールセラミックスの難点であった単色で透過性のない、のっぺらした色ではなくて陶器などで有名なノリタケの「ノリタケカタナ」を使うことにより従来のジルコニアブロックの1.4倍の透過性とグラデーションのある色調で歯の深みの色も再現できます。

ホーチミンのやくり歯科のジルコニアオールセラミックスクラウンの安全性

ジルコニアは金属イオンの溶出がほとんどないため、生体親和性に優れ、金属アレルギーの方にも安心してご使用いただくことができます。もともとジルコニアは医科の分野で人工関節などでも長期の実績があり、多くの毒性試験や生体親和性試験をクリアしています。

ホーチミンのやくり歯科のジルコニアオールセラミックスクラウンの強度

従来のオールセラミック(60~80MP)と比較して10倍以上の硬さ(900~1,200MP)があり強度面に関しても全く問題ない事が言えます。またセラミックの場合と比較して、高い硬度は持っているものの柔軟性が低く強い力が加わったときに割れたり欠けたりしてしまうことがありました。しかしジルコニアは優れた曲げ強度によって大きな力を拡散させる作用を持っているのでしなりがあり簡単に割れたり欠けたりしません。

ジルコニアの応用

ジルコニアの強度や審美性が優れているため、従来困難であったブリッジでも応用ができるようになりました。またインプラントにも上部構造他アバットメントにもジルコニアが用いられております。

The following two tabs change content below.

有賀 智哉

愛知学院大学歯学部 卒業 USC 南カルフォルニア大学歯学部客員研究員      一般歯科から小児矯正歯科、インプラントと様々なお悩みをお気軽にご相談ください。