YAKURI DENTAL CLINIC

定期的にした方が良い歯のクリーニング

ホーチミンのやくり歯科が定期的に歯医者で歯をクリーニングすることでどのようなメリットがあるのかをまとめてみました。自宅でいつも歯を磨いているから歯医者さんにわざわざ行かなくてもケアできている、時間もないし費用もかかる、さらには別に汚れていないし痛みもない悪くなってから歯医者は行けばよいというご意見を聞くことが多くあります。

歯を定期的にクリーニングしてメンテナンスを行うメリットはどこにあるのでしょうか。考えてみました。

ホーチミンのやくり歯科が考える定期的にメンテナンスをする5つのメリット

1.清潔度好感度

まず一つ目に考えれれるのは清潔度がアップして好感度も上がります。歯に一度ついてしまったステインは歯ブラシでは落とせなくなります。黄色く変色してしまった歯では清潔感もないことでしょう。歯についたたばこのヤニも同様で歯自体の着色、歯石にも着色して色を黒、こげ茶色へと変化させてしまいます。

歯医者でクリーニングすることによりこれらのステインやたばこのヤニといった成分を落とすことができるので本来の歯の色への戻せることでしょう。

2.口臭予防

歯の汚れは細菌の塊からできています。歯の汚れは、口の中にいる悪い細菌が増殖しています。この細菌が増殖することにより細菌が排出する排泄物が口臭の原因に繋がってしまいます。そのためこの汚れを取るということが
歯、口から発生する口臭の予防、改善に繋がります。

3.歯周病対策

歯周病のの原因は歯の汚れの中にいる歯周病菌です。普段の歯ブラシだけでは落とせない汚れの中にも歯周病菌は多数存在します。クリーニングをすることにより歯周病菌の絶対数を減らすことができて歯周病予防につながります。また歯周病の再発にもこの定期的なクリーニングは必須となります。

4.虫歯予防

虫歯菌も同様で歯の汚れの中に存在します。歯の汚れが多いと虫歯菌も多くなります。虫歯予防には定期的なメンテナンスで虫歯菌の絶対数を減らすことが重要となります。

歯ブラシだけじゃ落とせない!バイオフィルムの存在

バイオフィルムは細菌が集まってできた強力な膜のこと。

歯磨きが不十分だと、歯の表面に細菌がくっつき、その細菌が出す代謝物と歯の表面に残るたんぱく質が混ざりあってバイオフィルムができてしまいます。バイオフィルムは、集まった細菌達が、居心地がよく住めるように環境を整えた、いわばマンションのような集合体です。このバイオフィルムは普通の歯磨きだけでは落とすことができない為、歯医者、歯科医院での機械的な清掃クリーニング(PMTC)でしか落とすことができません。

ホーチミンのやくり歯科ではメンテナンスの際にPMTCも行っております。

健康な歯の維持のためには定期的なメンテナンスを行うことが大切ということになります。

The following two tabs change content below.

有賀 智哉

愛知学院大学歯学部 卒業 USC 南カルフォルニア大学歯学部客員研究員      一般歯科から小児矯正歯科、インプラントと様々なお悩みをお気軽にご相談ください。