審美歯科ホワイトニング

本当の審美歯科治療

審美歯科治療とは単に歯を削ってセラミックを入れることではないのです。 審美的に優れているのもは機能的にも優れており、ジルコニアクラウンやオールセラミッククラウンだけでなく歯周病治療やインプラント、入れ歯にも審美的に回復し「きれい」に治すことだと考えております。 「正しく噛める」ことが大前提で機能的にも優れていなければいけません。その上で審美歯科治療は見た目の美しさを追求するものではなくてはならないはずです。見た目はいいのに噛むと痛い、口をうまく閉じられない、いつ腫れるかわからない、などといった治療では本当の審美とは言えないことでしょう。 ホーチミンのやくり歯科では機能的に分析して治療計画をご提示治療費用のご提示してからの治療となります。

やくり歯科の審美歯科治療のこだわり

1.CTを駆使した精密検査

患者様一人一人に合った治療を提供するため、お口の中の情報を歯科用CTにて検査いたしております。現状を正確に把握してゴールへの道筋を設計いたします。

2.最高品質の技工物を使用

技工物の質が審美治療の質を決めると言っても過言ではありません。患者様一人一人完全オーダーメードでご要望と向き合いよりベストな治療を提供致します。

3.精密な歯の形成と印象

より長く審美性を維持する為には、精密な歯の形成と歯型採りが不可欠。手間と時間はかかります。ホーチミンのやくり歯科では、手を抜かず精度の高い治療を追求し続けます。

4.テスト用の仮歯

仮の歯での生活は不安はあるかと思いますが後悔のないように仮の歯で機能性や歯の形といったことを観察します。最終的な歯の形態、仕上がりのイメージをするための重要なステップです。

オールセラミッククラウン

歯科で使われるかぶせもの(クラウン)には、従来よりも金属で補強されたものがその強度とコストのバランスの良さから数多く存在してきました。しかし近年、そうしたものが長く口内に存在することによって金属アレルギーや歯への着色の原因になることが多いということも判明してきました。オールセラミッククラウンは、その名の通りセラミックですべてが覆われた白く美しい歯冠修復材です。歯の色、形を美しくするだけでなく、体への優しさにもこだわった治療法です。

ジルコニアクラウン

金属のような強さを持ち、腐食することがなく生体親和性の高い歯冠修復材料として、歯科医療でも日本国内においては2005年に認可がおり、ジルコニアでオールセラミッククラウンの内部を作ることができるようになりました。ジルコニア単体でも広くクラウンやインレーの材料としても用いられています。

ホーチミンのやくり歯科のジルコニアクラウンは15年保証

ラミネートべニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をごくうすく削り、その上に薄いセラミックを貼り付けるものです。歯の色や形といった見た目を補正できるだけでなく、隙間を隠す効果もあります。 歯をあまり削らないため歯へのダメージも少なく美しい仕上がりになります。

セラミックインレー

従来の金属でのインレー修復ではなく見た目でも機能性でも優れているセラミックを用いてホーチミンのやくり歯科では修復しております。e.max(イーマックス)を使用して従来の金属では再現できなかった審美性はもちろん適合性や機能性そして歯への接着するということのすべての点でおいてe.max(イーマックス)は優れていると言えます。

 

ホワイトニング

ホワイトニングとは、加齢や遺伝、生活習慣によって黄ばんだ歯を、特殊な薬剤を用いて色素そのものを白く分解して漂白するものです。 やくり歯科では、ご自宅でおこなう「ホームホワイトニング」と医院でおこなう「オフィスホワイトニング」の両方に対応しております。 歯を白くすることで美しい口元になるだけでなく、お顔の印象も大きく変わることから、接客業の方、結婚式を控える方などにおすすめです。歯のクリーニングだけでは補えない、内側から輝くきれいな歯をつくりあげます。ホワイトニング剤を歯に塗布して浸透させ、着色した黄ばみや汚れを「色素分解」して歯を白く仕上げますので、歯への負担もなく、安全な治療方法です。

ホーチミンのやくり歯科が考えるホワイトニングはこちらから

ホワイトニング後の維持管理