YAKURI DENTAL CLINIC

費用面での不安をホーチミンのやくり歯科が解決します。

ベトナムで歯科、歯医者で歯科治療を受ける際に費用面でかなり不安になることと思います。海外で治療を受けたらいきなり治療費を受付で高額に請求されたなんてことがいろいろな情報、ブログや他人から聞いたこともあるかと思います。しかしホーチミンのやくり歯科ではそのような費用面での不安がないよう治療にかかる費用に関して事前に日本語でしっかりと明確にしております。

ホーチミンのやくり歯科では「医療の見える化」として患者様に不安のないように心がけております。歯科、歯医者にかかるとき特に費用面に関しましてもわかりやすくご説明いたしております。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– やくり –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-9399259992277045″
data-ad-slot=”8868217227″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

日本で健康保険証、国民健康保険証をお持ちの方へ

ホーチミンのやくり歯科では日本で保険証をお持ちの方へ無料「海外療養費の申請書類」を作らさせていただいております。少々お時間をいただくこともありますが、無料で書類を作らさせていただいております。

全国健康保険協会より抜粋

海外療養費制度とは

海外療養費制度は、海外旅行中や海外赴任中に急な病気やけがなどによりやむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、申請により一部医療費の払い戻しを受けられる制度です。

給付の範囲

  • 海外療養費の支給対象となるのは、日本国内で保険診療として認められている医療行為に限られます。そのため、美容整形やインプラントなど、日本国内で保険適用となっていない医療行為や薬が使用された場合は、給付の対象になりません。

 

  • 療養(治療)を目的で海外へ渡航し診療を受けた場合は、支給対象となりません。日本で実施できない診療(治療)を行った場合でも、保険給付の対象とはなりません。

支給金額

日本国内の医療機関等で同じ傷病を治療した場合にかかる治療費を基準に計算した額(実際に海外で支払った額の方が低いときはその額)から、自己負担相当額(患者負担分)を差し引いた額を支給します。

 

  • 日本と海外での医療体制や治療方法等が異なるため、海外で支払った総額から自己負担相当額を差し引いた額よりも、支給金額が大幅に少なくなることがあります。

 

  • 外貨で支払われた医療費については、支給決定日の外国為替換算率(売レート)を用いて円に換算して支給金額を算出します。

必要な書類

  1. 療養費支給申請書・・・ア
  2. 領収明細書(様式B)・・・ウ
  3. 領収明細書(様式B)の日本語訳
  4. 歯科診療内容明細書(様式C)・・・エ
  5. 歯科診療内容明細書(様式C)の日本語訳
  6. 現地で支払った領収書の原本
  7. 渡航期間がわかるパスポート等の写し(海外渡航中の加入者が当該期間に診療等を受けた場合)
  8. 海外での診療等を担当した医療機関等に照会することの同意書・・・オ

ホーチミンのやくり歯科で記入できる書類について

上記の書類のうち「領収明細書(様式B)・・・ウ」、「領収明細書(様式B)の日本語訳」、「歯科診療内容明細書(様式C)・・・エ」、「歯科診療内容明細書(様式C)の日本語訳」、「現地で支払った領収書の原本」を無料にてご記入させていただきます。

注:会社や健康保険の種類により事前に用意していただく用紙もございます。お早めにご用意お願いします。基本的な書類は問題なくやくり歯科でそろえてあります。

あくまでも日本の健康保険が基準となるためベトナムホーチミンの基準での給付ではありませんのでご注意お願いします。