YAKURI DENTAL CLINIC

ホーチミンやくり歯科が教える正しい歯の磨き方2

前回はホーチミンのやくり歯科が考える歯磨きが上達するポイントを4つ挙げさせていただきました。

そこでは1.順番に磨く2.歯磨きするタイミング3.舌や歯茎も一緒に磨く4.歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助用具も使う ということを説明させていただきました。

今回は具体的な歯ブラシの動かし方を挙げさせていただきたいと思います。

歯ブラシの持ち方

まずは歯ブラシの持ち方です。一般的に歯ブラシの持ち方は、2つあります。一つは手のひら全体で握る「パームグリップ」、もう一つはペンのように持つ「ペングリップ」です。

パームグリップに関しては、親指を歯ブラシのハンドルの手前において握る持ち方ですが、この持ち方をしている方のほうが多いのではないでしょうか。歯ブラシに力が加わりすぎてなかなか上手には磨けないです。

おススメなのは、ペンのように歯ブラシのハンドルを持つペングリップという持ち方は適度な力のコントロールができて歯ブラシがコントロールしやすいです。ホーチミンのやくり歯科ではこちらの「ペングリップ」で行う歯磨きをお勧めしております。

歯ブラシするときの力加減

歯ブラシの力加減は、150グラム程度です。しかし、150グラムがどのくらいの力加減かわかりにくいと思います。実際キッチンなどにあるスケールで試してみると意外と力が加わらないことが分かります。そうなのです、普段力を入れすぎて歯磨きしていることがよくわかります。

歯ブラシの動かし方

歯ブラシを当てたらイメージとしては振動を与えるイメージが良いと思います。横に動かすイメージで動かすとどうしても大きく動いてしまい横磨きとなってしまいます。歯ブラシの大きさにもよるのですが1本から1本半を細かく2~3ミリ間隔で動かしていきます。上手な歯ブラシ圧と動かし方ができているとシャカシャカと音が出なくなります。気を付けて聞いてみて下さい。

歯ブラシの当て方

歯ブラシを当てる際には歯に対して90度。垂直に歯ブラシを当てます。先ほどの150グラムという圧を気にしながら当てていきます。この磨き方はスクラッビング法と呼ばれほとんどの歯も部位に応用できます。なるべく裏側、舌側側にも翠帳に当たるように心がけます。

歯に対して45度に歯ブラシをあてるバス法では主に前歯などに応用されます。

スクラッビング法 歯に対して直角に当てます。

バス法 歯に対して45度に歯ブラシを当てます。

歯磨き粉

歯磨き剤の成分もいろいろあり、迷うことも多くあるかと思います。実際には歯の汚れプラークは歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどの毛先が汚れに対して当たらないと歯の汚れプラークは落ちません。プラークが歯磨き剤の成分で勝手に落ちることはないのです。なんでもよいと言っては語弊がありますが、味が強すぎると長時間磨けなかったり、何もつけないと着色するといったこともあります。

歯ブラシに対して三分の一程度つけるだけでよいのですがCMなどの影響でべったりとたっぷりとつける方も多くみられるので注意が必要です。

The following two tabs change content below.

有賀 智哉

愛知学院大学歯学部 卒業 USC 南カルフォルニア大学歯学部客員研究員      一般歯科から小児矯正歯科、インプラントと様々なお悩みをお気軽にご相談ください。