YAKURI DENTAL CLINIC

知っていると安心!歯の生え変わり時期

歯が生え変わるのは一般的に6歳~12歳にかけて乳歯が永久歯に生え変わります。乳歯が抜けて永久歯となるこの時期は、乳歯と永久歯が混在しているため「混合歯列期」とも言います。混合歯列期に永久歯列がどのように並ぶかが決まりますので、お子様の歯の成長の中でとても大切な時期と言えます。

乳歯の生え変わり時期の目安

前後6か月は見て頂いても問題ないと思います。早いお子様ですと5歳くらいで生え変わることもあります。12歳くらいまでは乳歯が生え変わりで残ることもあります。また永久歯が生えてきても乳歯が抜けないこともありますので要注意です。

ホーチミンやくり歯科が歯の生え変わる順番をまとめてみました。

 

乳前歯 A B

上  A 7~8歳
B 8~9歳

下  A 6~7歳
B 7~8歳

乳犬歯 C

上  C 11~12歳
下  C 9~10歳

乳臼歯 D E

上  D 10~11歳
E 10~12歳

下  D 10~11歳
E 11~12歳

 

下の前歯から抜けることが多くグラグラしてきて自然に取れることもあります。また歯並びが悪いときなどは2重に歯が生えてくることもあり要注意です。

歯があまりにも早く抜けてしまう場合も要注意です。

乳歯が早期に抜けてしまう主な原因は虫歯、外傷、がたがた(叢生)です。もし虫歯や外傷で乳歯が抜けてしまう場合はすでに歯科医に相談されているケースも多いため放置しなければ問題は少ないです。乳歯列に叢生がある場合は、乳歯より大きい永久歯が生えてくるためのスペースが不足していますので、1本の永久歯が生えてくるために2本の乳歯が一気に抜けてしまうことがあります。

歯の生え変わりのこの時期には「6歳臼歯」が生え始めるお子様も多くいます。6歳臼歯は完全に生えきるまでには時間がかかりそれまでは、手前の乳歯に隠れた状態になるので、歯ブラシがなかなか届きません。また、噛み合わせの面に深い溝が多く、汚れがつきやすいという特徴もありますので注意が必要です。

知っていると安心!歯の生え変わり時期のまとめ

歯の生え変わりが遅いからと言って心配する必要はありませんが永久歯の有無などはしっかりと確認することが大切だと思います。また歯並びが悪い場合にの生え変わりが遅くなるケースは早めのご相談が必要かと思います。

生えたばかりの永久歯は虫歯にもなりやすいためしっかりとした予防が必要だと思います。

The following two tabs change content below.

有賀 智哉

愛知学院大学歯学部 卒業 USC 南カルフォルニア大学歯学部客員研究員      一般歯科から小児矯正歯科、インプラントと様々なお悩みをお気軽にご相談ください。