YAKURI DENTAL CLINIC

ベトナム、ホーチミンでの歯科治療の質はどうなのか?

日本人であればベトナム、ホーチミンでの歯科治療のレベルまた衛生面についてどうなのかという疑問を持つことでしょう。海外での生活で不安に思うことでの1番は病気の事ではないでしょうか。

もちろん歯科のむし歯や歯周病に関しても例外ではないと思います。海外保険や駐在員保険などでは一般的に歯科の領域はカバーされることが少なく日本の健康保険に頼るしかないという一面もあります。

このようなことから歯科治療を受ける際にベトナム、ホーチミンで医療の質が保てるのかということを考えてみました。

1.ホーチミンでの歯科事情

2.ホーチミンのやくり歯科でできること

3.ホーチミンのやくり歯科の質

4.提携している技工所

この内容を読んでいただきホーチミンでの歯科、歯医者さんのかかり方の参考にしてみて下さい。またホーチミンのやくり歯科では日本語での対応そして日本以上の歯科治療の質が保てるように日々努力しております。



1.ホーチミンでの歯科事情

ホーチミンでの歯科事情、現在ホーチミンでは日本人歯科医師が4~6名ほどいるそうです。もちろん外資系もありますが日系の歯科医院は2院あります。その中の一つがホーチミンのやくり歯科です。

ホーチミン内を見てみるとローカルの歯科医院はたくさんあり、次々と開業しております。ローカルの歯科医院では治療費用が安い分様々な不安要素もあります。基本的な治療方針や考え方に差がありグローバルスタンダードではないこともあるでしょう。

また、ベトナム人の歯医者のかかり方もこの歯科医院の在り方に大きく影響しているようです。一度で多くの歯を治療してしまったり、歯の神経の処置の仕方など世界的に見ても異なることが多いようです。

2.ホーチミンのやくり歯科でできること

ホーチミンのやくり歯科では予防歯科を広げるために少しでもホーチミンに暮らす人々が虫歯や歯周病に苦しむことのない様にスタッフ一同努力しております。

一般歯科をはじめ、小児歯科、矯正歯科、小児咬合育成、歯科口腔外科、審美歯科やインプラントを幅広く専門性をもって治療しております。インプラント治療に関しましても安全性を確保して費用面でもご納得頂けるようになっております。インプラント治療を15年以上のキャリアをもつ歯科医師が2名おります。

スタッフ教育も研修会をはじめとし日本のマナーや礼儀についても積極的に教育しております。

3.ホーチミンのやくり歯科の質

ホーチミンのやくり歯科の衛生面に関しまして昨今から言われております歯科切削器具の使いまわし問題など先日もyahooニュースでも大きく取り上げられておりましたが、歯科用切削器具いわゆるタービンに関しましてはすべて患者様ごとにオートクレーブ滅菌した物を使わさせていただいております。このタービンは高価でありますが15本以上そろえております。またディスポーザブルの物(グローブやシリンジなど)も多く使用し患者さん毎交換いたしております。

またドクターも15年以上のキャリアがあり、日本の審美歯科学会やインプラント学会での症例も多数あります。

4.提携している技工所

歯科医院では必ず提携している技工所(被せ物などを作るところ)があります。この技工所が実際、歯に入れる詰物、被せ物、矯正装置などをつくるためベトナム、ホーチミンの歯科治療の質に大きく影響します。

現在提携している技工所はVIET QUOC PORCELAIN DENTAL CO.,LTDで、日本人技工士がトップでいるためコミュニケーションでのエラーや材料での日本製の物の使用等にも精通しているため高いクオリティーで技工物を作ることができます。

また、現在ではセラミックの治療がメインですがCAD/CAMを使用することによりパソコンで読み取りいわゆる3Dプリンターで削りだすということがメインで作成されおり、日本だけでなく世界のレベルでのセラミックやジルコニアの作成が可能です。