• HOME  >  
  • 審美歯科

審美歯科とは

最先端の白い歯ならヤクリ歯科へ ホーチミンで審美歯科をお探しなら、安い費用でホワイトニングを体験出来るやくり歯科へご連絡ください。 セラミックによる白い歯は口の中を明るく見せるだけでなく、自信や元気を与えてくれます。
また、セラミックは身体に優しく、保険の銀歯とは違って金属アレルギーの心配がありません。やくり歯科で行われる先進のセラミック審美治療は、通院1日での治療も可能ですので、多忙な方もお気軽にご利用いただけます。

審美歯科という言葉をご存じでしょうか。審美歯科とは、歯並びや歯の白さ、健康的な口腔の美しさに焦点を当てた歯科医療のことです。一般の保険治療は虫歯や歯周病などの機能回復を主な目的としているため、目立つ部分にも関わらず金属を使用したり、変色しやすい素材を使うなど、保険の中での限られた治療しかできません。 しかし、歯には機能的な面だけではなく美的な面も存在します。「治療だけではなく、より美しさを追求しよう」というのが審美歯科の考えです。

セラミック

日本で保険適用されている銀歯は不安定な合金でできており、安価ではありますが、見た目の悪さや歯へのダメージが目立ちます。また、長年使用していると、金属イオンの流出により歯茎が黒ずんできます。
オールセラミックスとは、金属を一切使用せず、セラミック(陶器)のみで作られた補綴物[ほてつぶつ]のことをいい、以下の特徴があります。

  • 金属アレルギーの心配なし
  • 変色や摩擦もなく、身体に優しい素材
  • 表面が滑らかなので、汚れが付きにくく、虫歯や歯周病の原因になりにくい
  • 最先端の接着方法により10年間で90%以上の残存率を実現する優れた耐久性がある
    (一般的には5~7年程度と言われている)
  • セラミック
  • arrow
  • セラミック

ホワイトニング

米国で始まった技術で、歯のエナメル質に沈着した有機物の着色を分解して漂白するのがホワイトニングです。それ以前は歯の内部に沈着した色を取り除くことができず、表面の汚れのみを取ったり白い素材で被せ物したりといった方法しか解決策がなかった時代でした。 そんな中で登場したホワイトニングは、画期的な方法として話題になりました。当初はブリーチと呼ばれていましたが、その後、ホワイトニングという言葉が使われるようになりました。大きく分けて歯科医院で行うオフィスホワイトニングと家庭で行うホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングとは

高濃度の過酸化水素が主成分のホワイトニング剤を光照射器を用いて活性化させ一気に歯を白くしていく方法をいいます。短時間で色が変わるので、歯が白く変わる変化を実感しやすいといわれています。

ホームホワイトニングとは

過酸化尿素を主成分としたホワイトニングジェルをマウスピースの中に入れ一日2-3時間個人差はありますが、約2-4週間装着することにより歯を白くしていく方法をいいます。ホワイトニング剤が徐々に浸透していくことにより歯の内部まで白くなるといわれています。

この両方ホワイトニングの特長を生かして併用して行うデュアルホワイトニングが最も効果的に歯が白くなると言われています。

ホームホワイトニングとは